スタンプカードの有効期限で適切な期間

リピート率アップ

店舗集客でよく利用する販促方法の1つに「スタンプカード」があります。

関連記事:スタンプカードは貯まりやすくなければ意味がない!

スタンプカードを運用する上で気をつけたいところが「貯まりやすい」かどうかと「有効期限」を設定するかどうか、です。

スタンプカードを活用するための、適切な有効期限についてご紹介します。

スポンサーリンク

スタンプカードの有効期限

結論から言えば、有効期限は付けるべきです。しかもなるべく早く。

スタンプカードは貯まりやすい方がいいという理由については説明しましたが、その代わり有効期限を短く設定することで、短期間で何回も来てもらうことが可能です。

目的は、1ヶ月以内で3回来てもらうこと。

つまり、3回で貯まるくらいのポイント設計にすればいいわけですね。

例えば、客単価1,000円のお店の場合。

200円で1スタンプ貯まるカードにすると、1回で5スタンプ押されることになります。
ということは、全部で15枠のスタンプカードを発行すれば、2回目来てくれれば3回目も行こうと思わせることができますよね。

ここに、サンキューレターと組み合わせたら、さらに来店を促すことができるでしょう。

関連記事:サンキューレターを送る頻度 キーワードは「3」

適切な期間

スタンプカードの運用で気をつけたいのが、「ずっと同じ人に同じスタンプカードを使い続ける」ことは辞めるということです。

人間は、「えこひいき」されるととっても嬉しいもの。
それが、ファン客に育つためのポイントです。

例えば、スタンプカードを数枚貯めた人には、ワンランク上のスタンプカードを提供したり、会員カードみたいなものを作って、持っていることで毎回安くなるなど、一般のお客さんでは受けられないVIP会員という扱いをすることで、そのお客さんを特別扱いするのです。

スタンプカードはあくまでもリピーターになってもらうためのもの。

なので、適切な期間が過ぎたら、次のステージに移ってもらうようにしましょう。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

リピート率アップ
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました