貯まりやすいスタンプカードの2つの作り方

リピート率アップ

スタンプカードを発行する場合の多くが、間違ったやり方をしています。

関連記事:スタンプカードは貯まりやすくなければ意味がない!

そこで今回は、正しいスタンプカードの運用方法をお伝えします。

スタンプカード①.付与するスタンプをたくさんにする

そもそも、スタンプカードの付与する条件を高くしているお店は結構多いです。

パン屋さんとか、100円で1ポイントでも高いですね。
50円で1ポイントがおすすめです。

1個の商品の単価が低価格の場合、どうしてもポイントの還元率を少なくしがちなんですが、逆の考え方をしましょう。

「あと10円でもう1ポイントが付きますよ」と言われると「別にいいです」と言われがちですが、「もうあと1品買うとポイント4ポイント付きますよ」と言われたら、結構お得がありますよね。

また、1回の購入点数や単価をアップさせるだけではなく、たくさん貯まればたくさん来てくれるので、LTVもどんどん上がっていくでしょう。

スタンプカード②.スタンプの枠を少なくする

もう1つの考え方が、スタンプの押す枠を少なくするパターンです。

私は、新規のお客さんにはこの方法をおすすめしています。

まずは、3回まで来てもらうために、3ポイント制のポイントカードを作ります。

しかも、貯めた後の商品はもちろん、2回目の来店でも商品があるようにします。

例えば整骨院の例でいうと、初回来店時に1スタンプ、2回目の来店で1,500円引きと1スタンプ、3回目の来店で1,000引きとスタンプ+ポイントMAXで半額チケット、という具合です。

「ただの安売りになってしまう」と思われがちですが、とにかく新規のお客さんには「3回来てもらう」ことを考えてください。

まあ、今回の例は少し価格に特化しがちですが、例えばあなたのお店の一番人気のマッサージチェアを30分無料とか、酸素カプセル無料とか、そういうオファーをすると、次回の来店動機を作ってあげることができるわけです。

まとめ

私としては、新規のお客さんには②を、そして3回来てもらったお客さんには①を使い、リピートしてもらう方法をおすすめしています。

店舗型ビジネスでは、スタンプカードを導入できるお店は多いはず。
ぜひ、お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました