スーパーマーケットに学ぶマーケティング戦略

新規集客

あなたはスーパーに行くことはありますか?

私は、週末、妻と子供と3人で1週間分の食料を買いに出かけます。

私の住んでいる地域には、SEIYUやアピタ、エスポット、静鉄ストア、コープ、マックスバリュなどなど、スーパーがひしめき合う激戦区。
で、一見差別化しづらいと思われるスーパーでも、いろいろ回ると各スーパーで特徴があって、おもしろいものです。

スーパーも、マーケティングをする時代になったんだと感じました。

スポンサーリンク

スーパーに学ぶマーケティング戦略

最もインパクトのあるマーケティング戦略を打ち出しているのが、SEIYUですね。

我が家も、SEIYUはよく利用するのですが、SEIYUが出しているオファーはとても強烈ですね。

他店チラシと同額保証
https://www.seiyu.co.jp/service/dougaku/

SEIYUが我々消費者に提示しているUSPは、「安さ」です。
で、我々に提示してくれているオファーは「他店チラシと同額保証」というもの。

他店のチラシより、1円でも高いものがあれば、チラシを持参すれば他店と同額で購入できるというオファーです。

いわゆる「100%返金保証」と同様のオファーですね。

スーパーが返金保証をつけているわけですから、1円でも安く買いたいという主婦のニーズに対して、的確にメッセージを届けているわけです。

また、鮮度という部分で勝負しているスーパー、品揃えをウリにしているスーパーなど、各スーパー、違ったニーズに対してメッセージを発信しています。

でも、キャベツをどこのスーパーで買おうと、キャベツはキャベツです。
もちろん、鮮度の差でみずみずしさや持ちは違うでしょうが、100円のキャベツと120円のキャベツ、どちらを買っても味がめちゃくちゃ変わるわけではないですよね。

つまり、商品力で勝負しているように見えて、実はお客さんのニーズがある部分に、的確なメッセージを打ち出しているというのが、各スーパーマーケットのマーケティング戦略なのです。

あなたがお客さんに対して発信するメッセージはどんなものでしょうか?
それが強みになっていますか?

少し考えてみてくださいね。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました