集客をしたあと見るべき3つの数字

新規集客

少し仕事が立て込んでおり、更新できませんでした。

もうすぐ1年の半年が終わるということで、ここまでの半期の振り返りと、これから半期の計画の見直し。
そして、行動計画を追いかけるように時間を調整していたのですが、自分のビジネスが不完全であると、気付かされた出来事がありました。

というのも、先日、無料のコンサルティングを受けたのですが、そこで今の自分の問題点をズバズバと言い当てられまして…。

たった数十分で、ちゃんとヒアリングを行い、対象者の課題を当ててくれるコンサルタントは、やっぱりすごいですね。

私のように、自分がコンサルタントとして活動していても、コンサルタントをつける人は多いです。

やっぱり、客観的に見てもらうというのは、どのステージにおいても重要なことなのです。

スポンサーリンク

定点観測で見通しをつける

集客についても一緒です。

自分で計測するだけではなく、私のようなコンサルタントと一緒に、客観的に数字で判断するというのは、とても大切です。

例えば、1回の集客で、どれくらいの新規客が来たのか、顧客獲得単価はいくらだったのか、2回目の来店の割合はどれくらいなのか?というのを、できれば週次で見ていく必要があります。

そして、2度目の来店に結びつかない人には何をするのか、3回目に来店してもらうためにはどんなことをするのかという行動を、事前に決めておきます。

そしてそれをさらに計測する。

そうすると、成果があるのか、ないのかが正確に計測でき、結果として打ち手を変えることができます。

集客とは、この数字を高めていくゲームです。

この数字が高くするために何度もテストを繰り返し、自分のレベルを上げていくというイメージですね。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました