伝え方

スポンサーリンク
新規集客

お客さんが来る理由は「なんか良さそう」だからです

あなたのお店にお客さんが初めて足を運ぶ時、あなたの商品やサービスが「良い」から足を運ぶのではありません。「良さそう」だから足を運ぶのです。だから、あなたのお店の魅力を言語化し、しっかりと伝えることが大切なのです。
マネージメント

キャッチコピーやタイトルに「3」を入れる理由

「3つの理由」とか「3パターン」など、キーワードとして3を入れるという方法をおすすめしています。接客でも使えるくらい、3というキーワードは、とてつもないパワーワードとなるでしょう。
新規集客

集客方法をご紹介!今日から使える店舗集客38のアイデア

店舗ビジネスでなぜ集客をするのか。それは売り上げをアップさせるためです。今日から集客に使える38のアイデアと方法をご紹介します。
購入点数アップ

伝えたいメッセージ以外は削ぎ落とす

お客さんは、一度にたくさんの情報を伝えられると混乱し、結果選べなくなります。1度の伝えるメッセージは1つ、解決してあげるお悩みは1つに絞って、適切なタイミングで伝えるようにしましょう。
マネージメント

広告の内容に煮詰まったときは作業を細分化させる

作業を考えられないとき、そんなときは分業をしましょう。つまり、1つ1つの作業を分けて考えるのです。考えるという作業と、書くという作業を分ける。それだけで、かなり作業効率は高まりますよ。
リピート率アップ

せっかくのUSP。本当に活かしきれている?

先日、友人ファミリーと一緒にランチしました。 大人6名、5歳未満の子供4名と大所帯。 中学時代から付き合いのある仲間だったのですが、子供がいるとまた違ったテンションで楽しかったです。 その際、初めてのお店でランチをしたのですが...
新規集客

ホームページを作ったらお客さんが来る、という間違い

キレイで素敵な見栄えだけど、全く集客ができないホームページと、そんなにキレイじゃないし、普通の見栄えだけど、抜群んの集客力を誇るホームページ、普通だったら後者を望むところですが、いざ作り出すとキレイなホームページにこだわってしまうのです。
リピート率アップ

【最強の店舗集客】商品やサービスではなく体験を売る

最強の店舗集客の方法を伝授しましょう。それは、商品やサービスではなく「体験」を売るということ。体験を売るのは難しいのですが、一度体験したことがお客さんにとって素晴らしいものであれば、リピート率は大幅にアップするでしょう。
マネージメント

インターネットで集客することは炎上と隣り合わせ

インターネットで集客するということは、炎上の可能性と隣り合わせです。だからといって、集客しないというのは愚の骨頂。炎上させる人たちは、一部の人たちです。あなたが本当に情報を届ける人は、どの人なのか一度考えてみましょう。
客単価アップ

お客さんが本当に欲しいものとは?

あなたのお客さんが、あなたから商品を買う理由はなんなのでしょうか?お客さんが本当に買っているものとは?この点をしっかりと考えることが、顧客満足度につながるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました