整骨院

チラシ配布に利用したい「タウンプラス」とは?

封筒

チラシを配布する方法は大きく分けて2種類、「新聞折込」「ポスティング」があります。

実はもう1つ、私が注目しているサービスがあります。
それは「タウンプラス」というサービスです。

あまり知られていないこのサービス。
実は日本郵政が展開しており、たくさんのメリットがあります。

チラシ配布をするなら、タウンプラスを検討してみてはいかがでしょうか?

続きを読む

チラシの配布方法 新聞折込とポスティングを効果的に使い分ける考え方

ポスト

店舗型ビジネスにおいて、まだまだ使える集客方法の1つに「チラシ」があります。

一昔前までは、チラシを作るのにデザイン事務所や印刷会社にお願いして作らなければならなかったので、コストがかかりすぎていましたが、現在ではデザインも簡単に自分でできるようになり、印刷もネット印刷を使えば低価格でできる時代になったので、チラシを活用しているお店も多いでしょう。

しかし、チラシは「作って終わり」では意味がありません。

また、店頭で作成したチラシを配布しているお店もありますが、これもあまり意味がないでしょう。

チラシは、主に「新規集客」に使う媒体です。
リピート促進のためのものではないからです。

「でもチラシってどうやって配ればいいの?自分でポスティングは時間がかかるし…」

こんなお悩みを抱えている方も多いでしょう。
実際、私もチラシを作ったけれど配れていないという経験があります。

自分でポスティングすると、配布先を考えながら配布できるのでとても効果的である一方で、時間がかかってしまいます。
そのため、やはりここは業者にお願いして配布したいところ。

チラシを配布する方法は、大きく分けて2種類あります。
それが「新聞折込」「ポスティング」です。

今回は、よりチラシを効果的に配布するべき、新聞折込とポスティングの使い分けの考え方をご紹介します。

続きを読む

怒りをコントロールする方法

From:トヨナガアキヒロ

先日、車を運転していたら、あおられました。

夕方の、交通量の多い時間帯にあおる意味がわからないので、少しイラっとしたのですが、そこはグッと我慢。

その後、反対車線にあるコンビニから出てきた車を入れてあげるために減速したら、後ろからパッシング…。

さすがにカチンときましたが、社用車に乗っていたこともあり、ここでもなんとか堪えると、次の道であおり運転のSUVは右折していきました。

続きを読む

ホームページから問い合わせを増やすための重要な分析方法

From:トヨナガアキヒロ

ここ数回にわたり、整骨院がホームページから問い合わせを増やすためには、人の購買欲求を満たしてあげなければならない…ということをお伝えしてきました。

関連記事:整骨院がホームページからの問い合わせを増やす感情の5段階プロセス
関連記事:整骨院がホームページから集客するために必要なたった1つの考え方

しつこいようですが、もう1度おさらいしておきましょう。

人が整骨院に来院するときの、感情の5段階プロセスは…

  1. 第1段階:整骨院の存在自体を知らない段階
  2. 第2段階:整骨院の存在に気づく段階
  3. 第3段階:治療内容に興味を持つ段階
  4. 第4段階:治療を受けたい思う段階
  5. 第5段階:来院を決断をした瞬間

でしたね。覚えていますか?

なので、ホームページから集客したければ、各段階に合わせたメッセージを発信しなければなりません。

では、ホームページから問い合わせを増やすためには、具体的にどんなメッセージを載せれば良いのでしょうか?

続きを読む

整骨院がホームページからの問い合わせを増やす感情の5段階プロセス

From:トヨナガアキヒロ

人は感情で生きているということを、前回のブログ「整骨院がホームページから集客するために必要なたった1つの考え方」でご紹介しました。

関連記事:整骨院がホームページから集客するために必要なたった1つの考え方

喜怒哀楽があるので、人間は全ての行動をこの喜怒哀楽の感情の元、決断していると言っても過言ではありません。

つまり、あなたの整骨院を訪れる患者さんも、必ず何かしらの感情を持って来院しているのです。

ということは、ホームページからもっと問い合わせが欲しいのならば、患者さんの感情を揺さぶるような内容を掲載する必要があります。

今回は、人の感情がどのように移りゆくか、5段階の感情のプロセスをご紹介します。

続きを読む

整骨院がホームページから集客するために必要なたった1つの考え方

From:トヨナガアキヒロ

人間は感情の生き物です。

例えば「腰が痛い」という事実があったとします。

これを「治そう」と思うのか「そのままでいいか」と考えるのかは、「痛くて嫌だな」と感じるか「痛くても別にいいや」と感じるか、それによって行動をかえるのです。

このように、人は感情によって行動が左右されるわけですね。

ということは、あなたの整骨院に患者さんを呼び込みたいならば、人間の感情を揺さぶる必要があるのです。

今回は、人の感情について、ご説明しましょう。

続きを読む