fbpx

脳ある鷹は爪を隠さず出しまくれ!

セールス・営業

年収アップしたい会社員の
“本当にやりたいこと”で複数の収入源を作る
複業プロデューサーのトヨナガアキヒロです。

昨日は人生で初めて「異業種交流会」というものに参加してきました。

1時間半くらいの時間でしたが、
あっという間。
全然時間が足りませんでした。

元々人見知りなので、こういう場は得意ではないのですが、
人脈を作るためには、こういう機会を増やしていきたいな、と思った次第です。

で、こういう場で必要だなと感じたのが
「エレベーターピッチ」ですね。

今回は、ほぼ用意せずに行ったのですが、
絶対必要。

自分がどんなことをしていて、
どんなことを提供できるのか。

これを端的に説明できる台本は、
絶対に必要だと感じました。

要は、自分が
どんな能力を持っているのかを
的確にアピールする方法ですね。

スポンサーリンク

能力があるのならば惜しみなく出すべき!

会社員時代、僕がとても後悔しているのは、
自分の能力を100%発揮できなかったことです。

あまり、積極的に自分から何かをするのが
会社員としては得意ではなかったのですが、

「これはこうすればいいのに」
「こうしたらもっと簡単にできるのに」

と感じることが多々ありました。

いわゆる、
「脳ある鷹は爪を隠す」
という状態。

みんなが困っている、
その解決方法は自分の中には明確にあるのに、
無理して会社に合わせて、足並みを揃える。

これじゃあ、
ストレスも溜まるし、
自分の評価も上がりません。

脳ある鷹は爪を隠すのではなく、
脳ある鷹は爪を出しまくる。

触るもの皆、傷つけてもいいから、
爪を出しまくって、ガツガツ進む。

会社員はこれをやると仕事が集中してしまうのですが、
圧倒的に成果を出せば、仕事を断ることも可能です。

ぜひ、爪を出しまくって、研ぎまくって、
会社に爪痕を残しまくりましょう。

テスト

準備中

セールス・営業
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました