すでに存在する商品に足したり引いたりする

マネージメント

新商品・新サービスを考えたり、新規事業を立ち上げる。

そんなときに、ライバル会社やブームなどを見て、製品を真似してみるというケースは多々あると思います。

最近では、飲食店でタピオカミルクティをメニューに出してるお店が多いですが、あれはブームに乗っかってるということですね。

このように、流行に敏感になるというのは、悪いことではありません。
むしろ、集客の観点からすれば、とても良いことでしょう。

スポンサーリンク

すでにあるものから足し引きすることで新しいサービスは生まれる

携帯電話+デジカメ=スマートフォン

という感じで、新しい商品やサービスというのは、基本的にすでに存在しているもの同士を足す、もしくはすでに存在しているものから引き算して生まれます。

よく「全く新しいものを生み出したい」という人がいますが、全く新しいものを生み出して、ヒット商品を生み出すことができる人というのは、ほんの一握りの天才のみです。

YouTubeとかfacebookを開発するような、いわゆるプラットフォーマーと言われる人ですね。

そもそも、こういったサービスは、たまたま世の中に受け入れられただけで、ニーズがあるかどうかはわかりません。

小さなお店や会社の場合は、すでにあるニーズに対して商品・サービスを販売する。

この方法が最も成功に近づく方法なのです。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、【反響のあるチラシのテンプレート】を無料でプレゼント。

マネージメント
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました