fbpx

テレアポが苦手なあなたへ。

セールス・営業
スポンサーリンク

オンラインセミナー開催します!

6月27日にオンラインセミナーを開催します!

セミナーテーマは

「年収300万円の29才会社員が半年で月10万円稼ぐ副業の教科書」

です。
詳細は下のリンクから確認してください。

https://www.street-academy.com/myclass/87329

あなたの本当にやりたいことを
社長と会社員のマルチワーカー経験から具現化する
複業プロデューサーのトヨナガアキヒロです。

最近、家でずっと仕事をしているので、
ふと「孤独感」に襲われました(笑)。

新型コロナウィルスの影響で、
テレワークやリモートワーカーが増えたそうですが、
チャットワークやSlackなどでのやり取りだけで、
人と話す機会がないというのは、慣れるまで大変かもしれません。

家が大好きで、初対面の人と話すのが苦手な
僕が言うので、多分間違いありません(笑)。

セールスの形が変わる今がテレアポから卒業する今がチャンス

これまで、飛び込みに近い形でセールスをしていた人でも、
ちゃんとテレアポをとって、訪問を了承してもらったり、

そもそも、セールス自体をzoomなどのアプリで
リモートで行うようになっていたり。

新型コロナウィルスは、
そもそもの営業の在り方を変えつつあります。

ここで、感度の高い企業であれば、
マーケティングをしっかりと行おう!

となるのですが、
残念ながら、ほとんどの会社では、
そうはならないでしょう。

考えられるのは、テレアポの実施。

実際、僕が5月まで働いていた会社(新聞屋さん)ですら、
テレアポを導入し始めました。

人それぞれだと思いますが、
僕はテレアポが「超」苦手です。

もうね、電話持つのも嫌なくらい。

だから、ついつい営業電話がかかってくると、
電話先の人に優しくしてしまいます(笑)。

まあ、テレアポの何が苦手って、
あの機会的にアポイントを取っていけみたいな、
ゴリゴリの雰囲気が嫌いです。

だからこの先、テレアポが必要になっても、
絶対に自分でやることはない、と断言できるのですが、、、。

会社員であれば、
そういうわけにはいかない、というのが本音のところ。

じゃあ、テレアポが苦手なあなたが、
どうやってそれを克服するのか。

方法は2つあります。

1つは、「アポイント数」ではなく
「コール数」を目標にすること。

1日10アポイント獲得を目標にしてしまうと、
相手もあることなので、いつ目標を達成できるのか
わかりません。

そこで、1日100コールを目標にしましょう。

100件に電話すればいいわけですから、
アポイントが取れる、取れないは関係なく
早く終わらせれば、その分苦痛から早く逃れられます。

重要なのは、100コールして仮にアポイントが0件だったとしても、
100コール以上はかけないこと。

「成果」はあくまでも「行動した結果」なので、
コミットするのは行動のみ、ということです。

そしてもう1つは、
それでもテレアポをやめちゃう、
ということ。

「いや、無理でしょ?」

そう思いました?

でも、テレアポをするのは、
何のためですかね?

それは、契約を上げる、
売上を上げるためですよね。

ということは、
ちゃんと契約を取って、売上さえ確保しておけば、
わざわざ苦手なテレアポをする必要はありません。

むしろ、電話代をかけずに成約できるわけですから、
経費削減しているということになります。

テレアポが苦手ならば、
テレアポしなくても契約が取れる方法を考える。

会社員でも、この考え方を持てるかどうかが、
今後の売り上げに大きく左右しますよ。

P.S.

僕は、テレアポが嫌い過ぎたことで、
マーケティングに出会ったので、
そこには感謝しています。

オンラインセミナー開催します!

6月27日にオンラインセミナーを開催します!

セミナーテーマは

「年収300万円の29才会社員が半年で月10万円稼ぐ副業の教科書」

です。
詳細は下のリンクから確認してください。

https://www.street-academy.com/myclass/87329

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

セールス・営業
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました