店舗ビジネスにおけるランディングページの使い方

サブスクリプション 新規集客

最近、店舗型ビジネスでも、1ページもののサイト、いわゆる「ランディングページ」を使うお店が増えてきています。

特に整体院や整骨院といった治療院では、ランディングページ→PPC広告という、王道の使い方をしているところも多いです。
が、しかし、果たして、店舗ビジネスにおけるランディングページの使い方は、これが一番正しいのでしょうか?

今回は、店舗ビジネスにおけるランディングページの有効活用の仕方についてご紹介します。

スポンサーリンク

店舗ビジネスで「ランディングページ」を有効活用する方法

グラフ

店舗ビジネスがランディングページを有効活用する方法として、次の2つのやり方が考えられます。

  1. 制限時間を設ける
  2. クーポンを発行する

私のようなコンサルティングビジネスの場合、お客さんとの関係性を深めるために、メルマガを利用します。

しかし、店舗ビジネスでは、関係性を深めるのは、オフラインの方がはるかに効果が高いです。

なので、基本的には「来店に直結するオファーをかけるべき」というのが、店舗ビジネスでランディングページを有効活用する手段であることを、頭に入れておきましょう。

基本的に店舗ビジネスではランディングページは必要ない

そもそも、ランディングページの基本的な考え方は、「ユーザーへアクションを求める」ためのページになります。

  • メールアドレスを登録してもらう
  • LINE@に登録してもらう
  • 資料請求をしてもらう

といったアクションと相性が良いです。

一方、店舗型ビジネスが広告をする目的は「来店を促す」ことですよね。

そう考えると、ランディングページとの相性はあまり良いものとは言えません。

また、ランディングページは、「作って終わり」ではなく、運用→改善を繰り返して、初めて効果の出るものとなります。
これには専門知識も必要ですし、忙しい店舗経営者が自分でやるのは、とても難しいことです。

なので、基本的に、「店舗ビジネスには、ランディングページは必要がない」というのが、私の考え方となります。

まとめ

グラフ

ランディングページを店舗ビジネスで有効活用する方法についてお伝えしました。

店舗型のビジネスの場合、ランディングページにお金をかける前に、DMや顧客リストの作成などに費用を注入した方が、効果は高くなります。

まずはランディングページを作成する前に、「このランディングページでどのような効果を期待しているのか」をハッキリと明確にするようにしましょう。

7日間店舗集客基礎講座はこちらから

店舗集客にお困りの経営者へ

7日間の無料メール講座で、店舗集客の基礎を学びませんか?

今なら、ペルソナシートを無料でプレゼント。

新規集客
スポンサーリンク

店舗集客の代行業。

オープンしたばかりのカフェやイタリアンなどの飲食店をはじめ、開業15年を誇る治療院などの集客代行を得意とする。

また、売上や粗利をアップさせるために、マーケティングコンサルタントとしても活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
店舗集客の教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました