fbpx

店舗集客は複数の場所から集めてリピーターにすることが大切

グラフ新規集客

店舗集客をする上で、大切な考え方が2つあります。

  1. 1つの媒体に偏らない
  2. 1度の売り上げだけで判断しない

この2つです。

ほとんどの店舗経営者が、この2つをうまく理解していません。

だから、広告を出すことにためらいが生じてしまいます。

今回は、店舗集客をする、大切な2つの考え方を解説します。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

広告媒体は複数使う

まず、あなたは今、どうやって新規客を集めていますか?

  • 折込チラシ?
  • フリーペーパー?
  • 紹介?

いろいろな方法はあるでしょう。

しかし、一番正しいものは、「複数の方法で集客する」というものです。

例えば、私がアドバイスさせていただいている、とある美容室のお話。

こちらのお店は、次の4つの方法で新規客を集めています。

  1. ホットペッパービューティー
  2. エキテン
  3. 折込チラシ
  4. 紹介

平均、15名程度、毎月新規客として来店してくれるそうです。

が、毎月来店のきっかけになった媒体はバラバラ。

ホットペッパーで5人くる月もあれば、折込で8人くる月もあるそうです。

で、多くの場合、1ヶ月効果がないと、次の月はやめてしまいます。

でも、それは間違い。

毎月少数でも集客できる媒体を使っていることで、結果として月間で15名程度新規を集められるわけです。

年間で、180人、あなたのお店のお客さんが増える。

これのすごさが、店舗を経営しているあなたにはわかりますよね。

1度の売り上げだけではなく年間の売り上げで判断する

店舗集客では、「LTV」という考え方がとても大切です。

「LTV」とは「ライフタイムバリュー」と呼ばれるもので、1人のお客さんがいくら、年間に売り上げを発生させてくれるのか、という考え方です。

広告を出すとき、「最低でも広告費はペイしたい」なんていう人がいますが、これは間違い。

例えば、年間で120万円広告費を使い、180人の新規集客ができた場合、180人が1回ずつ来店して120万円回収すれば良し、という考え方は間違っています。

正しい考え方は、180人が、2回、3回、4回と来店してくれた結果、120万円を上回る売り上げを獲得するという考え方なのです。

つまり、新規集客とリピート率の向上は、セットで考えなければならないわけですね。

店舗集客において、複数のメディアから集客し、新規客をリピート客につなげる。

これ、めちゃくちゃ重要な考え方なので、しっかりとインプットしておいてくださいね。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

新規集客
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました