fbpx

集客を成功させるために必要なことは「負の感情」と「環境を作り出す」こと

マネージメント

毎日、コツコツと、淡々と仕事をする。

簡単なようで、実はものすごく難しいことです。

よく、仕事をするときに必要なのが、高いモチベーションや行動計画だと言われますが、私個人としては、これ、ウソだと思っています。

本当に必要なのは、「仕事をせざるを得ない」状態を作ることと、「負の力を利用する」こと。

私流の、仕事への取り組み方をご紹介します。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

スポンサーリンク

負の感情ともしっかりと向き合う

仕事をするのはお金のためじゃない

成功者の多くが、こんなセリフを口にします。

でも、考えてみてください。

この成功者たちは、基本的に「お金を持っている」わけです。

成功してお金を手に入れた。
だから、今は「お金のために働いていない」というわけです。

お金のためじゃないというセリフは、お金を持っている人だけが言えるセリフなんです。

じゃあ、起業した当初はどうするか。

もうね「お金のために仕事してます!」って宣言しちゃいましょう。

あなたがお金を稼ぎたい理由はなんでしょうか?

  • 昔の会社の上司を見返すため?
  • 子供の時貧乏だったから
  • 昔の彼女に後悔させてやる!

これ、すべて私の理由です。
醜いでしょ?(笑)

でも、醜くていいと思っています。

だって、私が毎日ブログを更新したり、お客さんを獲得する活動をすることができるのは、この動機が原動力になっているから。

どんなに体調が悪くても、どんなに疲れていても、この動機を思い出すと、「少しだけ頑張るぞ」と、気持ちを奮い立たせることができます。

「こんな動機じゃ幸せになれないよ」と言われることもあります。

でも、いいんです。

この動機がすべて解消できた時、また新しい動機が生まれ、それがプラスのことだったら。

起業した当初は、キレイゴトばかりでは、ビジネスはできません。

仕事は毎日淡々と

ただし、モチベーションだけでは仕事を進めることはできません。

では、どうするか。

答えは、「仕事をせざるを得ない環境を作り出す」ことです。

例えば作家の村上春樹氏は、毎日書ける・書けないは関係なく、決まった時間デスクに座り、パソコンに向き合うそうです。

私もこれを実践しており、ブログが書けないなーと思ったり、気分が乗らないと感じても、必ず毎日1時間はパソコンの前に座って、エバーノートを開きます。

すると不思議なもんで、なんだかんだ書けるんですよね。

本当は時間も固定すると良いのでしょうが、小さなお店の経営者であるあなたは、それも難しいかもしれません。

だから、10分でもいいから、まずは「毎日やる」と決めたこと取り掛かるようにしてください。

それが、達成できなくても構いません。
とにかく取り組む。

これが大切なのです。
反響のあるチラシのテンプレートを配布しています。
欲しい方は、無料のメルマガへご登録ください。

テスト

準備中

マネージメント
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました