良いタイミングで良いフレーズを届ける重要性

購入率アップ

あなたのサービスをわかりやすく伝えることは、とても大切なことです。

「そんなのわかっているよ!」

そう思うかもしれませんが、できている人は案外少ないものです(私も含めてですが)。

なぜ、自分自身のサービスを伝えることが難しいのか、それは「あなたがサービスを理解しすぎている」からです。

ん?サービスを理解していたら伝えられるんじゃないの?と、普通は思いますよね。

ここに、「売り手」と「買い手」のズレが生じているのです。

あなたのサービスを「ひとこと」で表すと?

そもそも、あなたのサービスをひとことで表すなら、どういう伝え方をしますか?

ひとことが難しいのであれば、15秒で相手に興味を持ってもらいたいと思ったら、どんなキーワードを入れて、どんな内容を伝えるでしょうか?

あまり短すぎると、あなたは「100%サービスの良さを伝えられない!」と思いませんでしたか?

しかし、そもそもそれが間違いなのです。

お客さんに、あなたのサービスを買ってもらうのに、100%伝える必要は全くないのです。

某電気屋さんでのお話

なぜ、100%伝える必要はないのか。

それは、あなたが「買う人」になってもらうと、とってもわかりやすいと思います。

先日、我が家で冷蔵庫を買い替えたのですが、その時の担当してもらった販売員さんが、「家電マニア」みたいな人でした。

で、2つの冷蔵庫、どちらにしようか迷っていた私と妻で、その販売員さんに「どういう特徴がありますか?」と聞いたところ、そこからこの販売員さんの怒涛のトークラッシュが始まりました。

「A社の冷蔵庫はこういう特徴があって、全体に的にこういう方向性で…」
「対してB社の冷蔵庫はこういう特徴があって、こういう方向性で…」

まあ、結局買わずに帰りましたよね。

この時、私たちは確かに特徴を聞きました。

が、本当に聞きたかったのは、「私たちの家庭にはどんな冷蔵庫が合っていますか?」ということな訳ですよね。

つまり、冷蔵庫の特徴とか、メーカーの方向性とか、どうでもいいのです。

私だったら、まず家族構成や予算、冷蔵庫のどこを使うか、よく食べる食材は?などを聞きます。

そして、そこから最適だと思われる冷蔵庫の、最大の特徴と冷蔵庫を使った姿を想像させるワードを伝えますかね。

電気代が…とか、氷が…とか、相手が求めていないことは伝えません。

でも、この家電マニアの人は冷蔵庫を愛するがあまり、100%の情報を伝えようとしてお客さんが求めていない情報を伝えてしまったがために、私たちというお客さんを逃してしまったのです。

だから、伝える情報は、100ある内の、多くて30くらいでいいんです。

伝えるために必要な「ビッグアイデア」を見つける

さて、ではどうやって、相手に、端的に、サービスをしっかりと伝えるメッセージを作れば良いのでしょうか。

ポイントは、次に紹介する7つを意識することです。

  1. ひとことで言えることか?
  2. 伝えたくてたまらないことか?
  3. テンプレートではないことか?
  4. 面白いことか?
  5. 自分独自の価値を提供しているか?
  6. 言われるまでは気づかないけど、言われてみると確かに魅力的なことか?

この6つの項目に当てはまるものが、相手に「おっ!もっと話を聞いてみたい!」と思わせるビッグアイデアとなります。

ぜひ、これらのことを取り込んだ、短いワードを意識して作ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました