飲食店経営でプラスアルファの売り上げを作るときの1つのアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シェフ

From:トヨナガアキヒロ

富士のスタバより…

飲食店の経営者が売り上げを伸ばすとき、方法としては3つ考えられる。

  1. お客を増やす
  2. 単価を上げる
  3. 回転率を上げる

1については言わずもがな、とにかく「新規!新規!」と躍起になっている経営者は多い(これは飲食店だけではないが…)。これが間違いだということは以前のブログでご紹介した通り。

関連記事顧客リストは重要。飲食店でも顧客リストが必要な5つの理由

2については、単価を上げるだけではなく、メニューや調理方法、さらには原材料も見直さなければならない。
3に関しても、サービス全体を見直す必要があるので、現実的ではないだろう。

一番簡単なのは、リピート率を改善することなのだが、これを行おうという飲食店はほとんど見かけない。

理由としては、顧客リストを集められない。顧客リストを精査することができないというものがほとんどだ。

関連記事イタリアンレストランの顧客リスト 5つの集め方をご紹介

顧客リストを有効活用できない人は、すぐにでも顧客リストを使う方法を学ぶべきだが、実は誰でも簡単に、プラスアルファの売り上げを作る方法がある。

今回は、その方法を伝授しよう。

飲食店経営でプラスアルファの売り上げを作る1つのアイデア

シェフ

今すぐ、日々の売り上げを伸ばしたいのならば、方法は簡単だ。
それは、「レジの周りで物販を行う」というものだ。

物販と言っても、ファミレスのように、お菓子やおもちゃではない。
そういう類のものを販売すると、お店の雰囲気を壊してしまう。

ではどういったものを売ったら良いのか。

それは、「お客がこの後なにをしたいか」を想像するといい。

有名な事例をご紹介

レストラン

有名な成功事例をご紹介しよう。

アメリカのウォルマートで、実際にデータを計測したところ、紙オムツの売り場の近くに「ある物」を置いたところ、紙オムツとある物、両方の売り上げが伸びたそうだ。

この「ある物」とは一体何か?少し考えてみてほしい。










答えは「ビール」だ。

なぜビールなのか。

ウォールマートで紙オムツを購入する人の多くが、仕事帰りのサラリーマンだったことで、ウォールマートはこのような仮説を立てた。

「妻から仕事帰りに神オムツを購入するように連絡があった夫は、ビールが目に入ったら購入するのではないか?」

実際試したところ、この仮説は大正解。
そして、このような夫たちは、次からもオムツの買い物はウォールマートに訪れるようになったのだ。

ここで重要なのは、オムツとビールを組み合わせた…ことではない。
顧客の行動と、心理を調べて、それをその場に提供することで、比較的簡単に売り上げを伸ばすことができるのだ。

つまり、顧客を「想像」して、「創造」したのだ。

あなたのお店のお客は、どのような客が多いだろうか?

独身?既婚者?
男性?女性?
お店の帰りにはなにをするつもり?

徹底した想像とリサーチで、お客が望むものをあなたのお店で購入できるようにすれば、多少単価が高くても、手間が省けるならば顧客は購入するだろう。

飲食店経営はお客の心理を考えることがとても大切

腕アップ

 

このように、あなたが頭で考えたり、予想するだけでは、お客の行動を100%理解するのは難しい。

飲食店の場合、どうしても「美味しい料理を提供すること」を使命としている人が多い。
そこに、お客の姿はない。

本当に素晴らしい飲食店とは、「お客が望むタイミングで望んでいる料理を提供すること」である。

まずは、お客の目線で考えてみる。
これを癖づけることを心がけよう。

それだけで、売り上げが数%アップすることは、間違いない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

7日間無料メールレッスンのご案内

店舗集客の悩みを解消する【7日間無料メールレッスン】実施中!

  • オープンしたばかりで何をしていいのかわからない
  • ほとんど広告をしてこなかったけどさすがにマズイと感じている
  • やらなければならないことはわかっているけれど、忙しくて手が回らない

どれか1つに当てはまる人は、ぜひ7日間無料メールレッスンへご登録ください。

明日から誰でも簡単に実施できる、店舗集客の極意をお届けします。


レッスンに参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*