fbpx

その残業、本当に必要なの?

サラリーマン・会社員
5月いっぱいで、新しいメルマガに移行します。
年収アップ、自分ビジネス構築に興味がある方は、
新メルマガへの登録をお願いします。
https://88auto.biz/at-media/touroku/sp/entryform5.htm

あなたの本当にやりたいことを
社長と会社員のマルチワーカー経験から具現化する
複業プロデューサーのトヨナガアキヒロです。

会社員が副業を始める上で、最も障害となるものは?

ズバリ「残業」です!!

スポンサーリンク

その残業、やめられるでしょ?

少し考えればわかると思いますが、
絶対的な事実として、1日は24時間しかありません。

そこから、睡眠時間を差し引きます。

中井隆栄先生から、6時間〜8時間は寝るべき(脳にとって必要)
だと言われてますので、僕は1日7時間は根るようにしています。

となると、残りは17時間。

仕事の拘束時間が
9:00〜17:30なので、8時間30分。

準備や通勤の時間を考えると、
往復で1時間プラスすると、9時間30分になります。

となると、残りは7時間30分。

お風呂、ご飯、子供のお世話など、
プライベートな時間がありますよね。

僕の場合は、18:00〜21:00までの
3時間がそれに該当するので、
残り時間は4時間30分となります。

順調にいけば、
1日4時間30分を、副業に割く
事ができる、というわけですね。

・・・。

これを、多いと感じますか?
それとも、少ないと感じますか?

ビジネスを加速させたいならば、
圧倒的に少ないですよね。

ただ、副業として、
月に10万円程度でよければ、
十分に稼ぐ事ができる金額です。

だから、あなたには、この時間を
しっかりと確保してほしい、という事なんです。

1日、たったの4時間しかないのに、
ここに残業が入ってきたら、
この時間はどんどん減ってしまいます。

あなたは「残業ありき」で
仕事を考えていませんか?

周りが帰らないというだけの理由で、
仕事が終わっているのに、
仕事をしている「フリ」をして、
残業していませんか?

明日じゃダメな仕事なのか、
本当に今日やるべき仕事なのか。

副業で本当に稼ぎたいのならば、
まずは無駄な残業を排除する。

ここから始めてくださいね。

複業をして年収アップしたい会社員のための
複業大全」を執筆中!

いち早く手に入れたい人は、メルマガに登録しておいてくださいね!

無料メルマガで「副業のヒント」を手に入れよう!

■ 友達が好きな車を買ってうらやましい…
■ ネットビジネスを独学でやってみたけど、全然結果が出ない…
■ 会社の業績が悪く、給料が上がらない…
■ 実家の家族は贅沢しているのに、なんで自分だけ苦しい思いをしなきゃいけないんだ…
■ 頑張って勉強しているのに、妻から「口ばっかり」と言われた…

もしあなたがこんな悩みを抱えているのならば、
無料メルマガに登録して、「副業起業」の方法を
手に入れてください。

サラリーマン・会社員
スポンサーリンク

年収アップしたい会社員の“本当にやりたいこと”で複数の収入源をつくる『複業プロデューサー』。

専門学校卒業後、都内で雑誌編集者として約5年勤務した後、Uターンで静岡へ。

その後、広告代理店の営業に転職するも、テレアポが苦手すぎて会社を転々とする。

「テレアポしない営業」を模索する中でマーケティングと出会い、マーケティングを利用した反響営業で、当時の会社の売上を前年比150%アップさせるも、社長が別の事業で失敗し、倒産。

その経験から、会社員でいることにリスクを感じ、『複業』として、給料以外に収入源を複数持つことを意識するようになる。

現在は、会社員として勤務しつつ、Webライターとして各種媒体への寄稿、そして会社員の複業プロデュースから集客コンサルティングを行い、選択肢と自由を持つ会社員を1000人輩出することを目標として活動中。

トヨナガアキヒロをフォローする
トヨナガアキヒロをフォローする
スポンサーリンク
複業生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました